美容方法を考える

女性

東京のフォトフェイシャルの今後は、益々多くの人が利用をしていくと予測されます。またフォトフェイシャルを取り扱うクリニックも増加していくよ予測されます。注意点は、フォトフェイシャルの効果はすぐに表れるものではないので、複数回の利用代金が支払えるか予算に応じて利用することが必要です。

詳しくはこちら

笑いジワを消す方法とは

女性

まだ若いうちから目尻に笑いジワができてしまう人がいます。笑いジワを消したいという希望を持っている人は、美容外科クリニックへ行ってボトックス注射を打ってもらうとよいです。ボトックス注射には表情ジワを消す効果があります。

詳しくはこちら

忍び寄る老化と紫外線

ナース

笑った時に目尻に出来る「笑いじわ」のような人柄を滲ませる、素敵なしわならそのままでもいいかもしれませんが、大抵のしわはやはり女性にとっては悩ましいものです。いまは様々な方法で原因解明や解決することが出来ます。

詳しくはこちら

糸でたるみを消す方法とは

たるんだお顔をリフトアップさせたいならスプリングスレッドは効果抜群ですよ。コチラにおすすめのクリニックも載ってます。

糸を用いる治療について

美容

特殊な糸を用いたアンチエイジング治療を行う美容外科クリニックの数が増えてきました。もともと美容外科分野の治療では、糸がよく用いられてきました。皮膚にメスを入れる美容整形手術を行う場合、必ず手術箇所の縫合が必要になります。切った部位をそのままにしておいたのでは、いつまで経っても傷口が塞がりません。そのため、手術の最終局面で患部の縫合が行われるのが当たり前になっています。ただし、単に傷口を塞ぐのではなく、糸自体を美容目的の治療に用いるケースが増えてきました。たとえば糸で二重まぶたを作る治療方法がありますが、まぶたをメスで切る必要がないため、大人気になっています。また、顔の肌の下に特殊加工を施した糸を挿入して、肌たるみを改善する治療も高い人気を呼んでいます。

治療に使われる糸について

肌のたるみを取る治療で使用される糸には、様々な種類のものがあります。表面にコグと呼ばれる突起が付いた糸が使用されるケースが多いのですが、その場合でも、伸縮性がある糸とない糸、体内で自然に溶ける糸、コグの向きが互い違いになっている糸など、糸の種類がとても多彩になっています。頬など、あまり筋肉を動かすことがない部位に糸を挿入する場合であれば、伸縮性がない糸でも大丈夫です。でも、口周りのようによく動かす部位には、伸び縮みする糸を用いる必要があります。伸縮性がある糸にはスプリングスレッドという呼び名が付けられているのですが、スプリングスレッドを用いたリフトアップ手術を受ける人がたくさんいます。スプリングスレッドの場合、リフトアップ効果を長く持続させるために、溶けない素材が用いられています。このスプリングスレッドを挿入している場合であれば、筋肉を動かしても糸の引きつれが起こりません。そのため、術後の頭痛などが起こりにくくなっています。